トイレの水漏れやつまり対策は原因と予兆を知ることが大切

トイレの水漏れやつまり対策は原因と予兆を知ることが大切 毎日使うトイレですが、日ごろはどんな状態なのかをチェックすることは少ないです。しかし突然つまるとか、便器から水漏れが起きるといったトラブルに見舞われると気が動転してしまいがちです。つまった場合に迅速に処理してもらうには水周りの専門業者に依頼するのが一番安心です。

■トラブル発生時に知っておくべき3つのこと

トイレのトラブルで知っておくべきことは3点あります。第1につまる原因は大きく分けて2パターンあることです。第2に、トラブルを回避できるかもしれない予兆があることです。第3に確実に自力でやれる応急措置以外は専門業者に任せることです。
つまりが起きる原因は二つのケースがあります。トイレットペーパーを大量に流そうとしたり、スマートフォンを便器に落としてしまったというようなケースは原因がはっきりしているので事後の対処も比較的冷静にできます。一方思い当たる節が全然ないのに突然つまり、便器から水漏れが発生したというケースでは焦るのは当然です。トラブルが発生する前には、通常何らかの予兆があるものです。どのような予兆があるのか、その理由は何なのかという知識を持っておけばトラブル時にも落ち着いて対応できます。

■トイレにまつわるトラブルの前兆とは
さまざまなパターンがありますので、主なものだけでも理解しておくと役に立ちます。よく多いケースとして、タンクから便器までは通常通り流れる水が、便器から排水管へと流れる過程でちょろちょろといった感じで水の流れが弱い場合や、一時的に便器の中の水が増加してしまうことがあります。これは便器や排水管がつまってしまう時期が迫っている予兆です。
また排水時にポコポコやボコボコといった異音がしたら、音の発生源付近に異物がある可能性が高いです。こうした予兆に気づいた時、時間はかかっても水が流れていないわけではないため問題ないと放置してしまうと、更に排水管のつまりが大きくなってしまい、本格的に水が流れなくなってしまう恐れがあります。とりあえず自分でできる範囲で視認することは構いませんが、自力で解決しようとすると一気に事態を悪化させる恐れがあるため注意しなければなりません。

■トイレがつまる原因とは

つまりの原因で多いのはトイレットペーパー代わりにティッシュペーパーを使うことです。一見すると両者は似通っていますが、前者は水に溶けやすいことに比べ、後者はむしろ水に分解されにくいので流してはいけないのです。同様にペットのトイレシーツや介護用おむつなども排水管が詰まる恐れがあるため流してはいけません。例外として、水に溶けるように作られており、トイレに流せるタイプのティッシュペーパーもあります。このような商品であればトイレットペーパーと同じように流すことができます。
最終的には専門業者に依頼するにしても、応急措置であれば素人でもできることはあります。水が流れずにつまっている原因が確実にペーパー類であることが分かっていれば、柔軟な素材で作られた吸引方式のカップ器具などを使用して解決できることもあります。しかしつまっている物が、水に溶けることのない異物であることが分かっている場合は、排水管の奥へと押し込んでしまい、逆効果になりかねないので冷静な判断が必要です。

■まとめ
トイレはできれば他人には見せたくない場所と考える人も多いので、自力解決しようとする気持ちになるのは自然な感情です。しかし場合によっては事態を一段と悪くする懸念もあります。正確な原因を突き止め、目の前の問題を解決し、長期的にそうしたトラブルが再発する可能性を低減させるためには、水回り補修のプロである専門業者に相談し、長期的視点での対応策をとってもらうのが一番です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース