トイレの水漏れはウォシュレットが原因のことも

トイレの水漏れと一口に言っても、水が漏れてしまう原因はいろいろなところにあります。いつの間にか床が水浸しになっているという場合、まずは水道の元栓やトイレの止水栓を閉めて、水が出続けることを止めて作業を行います。

■水漏れが発生したら電源プラグを抜いて感電防止

トイレの水漏れが発生した場合は、どこから水が漏れ出ているのか特定しなければなりません。また、水漏れの発生個所が特定できれば、なぜ水が漏れ出ているのか原因を突き止め、対処する必要があります。また、ウォシュレット付きの便座を使用している場合は、まずは水を止めて電源プラグとアース線を抜いておきましょう。症状が軽度なものであれば、自分で対処することも可能ではありますが、電化製品であるため感電や漏電、最悪の場合には火災にも発展する恐れがあるため、修理や点検などは専門業者に任せることをおすすめします。


■水漏れしやすい場所と原因
温水を使用しておしりなどを洗うことができるウォシュレットは、細かなパーツが使われていることもあり、水漏れの原因となってしまう部分も多いです。例えば、温水が出てくるノズル部分や、コントローラー部、給水ホースとそれらの接続部分など、考えられる箇所は複数に及びます。また、水漏れの原因に関しては、内部機器の故障をはじめ、ウォシュレット本体の経年劣化などによるパッキンやボルトなどの破損などが多いです。

■ウォシュレット修理は業者依頼がおすすめ

現在のウォシュレットにはさまざまなモデルタイプがあり、温水の温度調整や水の勢いなどが調整できるものなど様々です。また、ウォシュレット用のタンクがあり、その中に水を溜めておくタイプのものと、ウォシュレットを使用する際に瞬間的に温水にするタンクがないものなどもあります。このように、ウォシュレット 水漏れは複雑な構造となっているものが多く、自分で水漏れや修理を行おうと分解してしまうと元に戻せなくなってしまう恐れがあります。





■まとめ
毎日使うトイレだからこそ、日ごろから不自然な音などトラブルにつながる予兆に敏感になっておくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ