トイレのつまり・水漏れは修理が必須

トイレの排水管がつまることで水漏れを起こしてしまうと、床に汚水があふれ出す恐れがあります。ここでは排水管が詰まるリスクの高いものについて説明します。

■ティッシュペーパーは水に溶けない

トイレのつまりで多い原因はティッシュペーパーです。水に溶けやすく作られているトイレットペーパーと違い、ティッシュペーパーは水に浸しても簡単には溶けないために排水管をつまらせてしまうのです。見た目はよく似ているのであまり意識せずに流してしまうと、トイレがつまる原因となります。






■つまりやすい物は他にも
ペットの排せつ用シーツは「トイレに流せる」と書いてあっても流さない方がリスクを回避できます。同様に生理ナプキン、介護用おむつなども安易に流してはいけません。これらは水を吸収して膨らむため、排水管がつまる原因です。自分で取り出せない状態になったら一刻も早く修理業者に連絡し、状況をきちんと伝えて水道 工事や修理をしてもらうのが賢明です。
また、気分が悪くなったり泥酔して便器に嘔吐してしまう人がいますが、吐しゃ物はすぐには水に溶けにくい物もあるので、事後処理をきちんとしないと詰まる原因になります。飲食店や居酒屋で嘔吐用のタブが設置されているのはこの対策のためなのです。

■トイレがつまる原因は水量にも関係する

トイレトラブルは水量が原因となることもあります。タンクから排出される水量がいつもより極端に少ない場合は原因を確かめることが大切です。これはタンクから便器に水を流すメカニズムに水漏れなどの異変があることを意味しているからです。また、タンクに節水グッズを入れて、水量を意図的に減らしている場合も同様です。本来必要な水量が流れない状況が続けば、便器がきちんと機能するのに必要な水圧が得られないので徐々にトラブルの原因を蓄積していくことになります。



■まとめ
意外なものが便器や排水管につまる原因となる可能性があります。日頃から排水管がつまりにくい環境を作ることがトラブルを防ぐ一番のかぎです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ